こんな時に土地家屋調査士は活躍しています

道路・水路等の公有地の払下げを受けた時

土地表題登記
新しく土地の登記簿を作成するため、調査・測量を行い、登記の申請をします。

▲PAGE TOP

土地の境界や面積を知りたい時

調査・測量
境界を調査・確認し、現地を測量して面積を調べます。

▲PAGE TOP

土地を分筆したい時

土地分筆登記
相続・贈与、または売買などのために、測量をして1筆の土地を2筆以上に分けます。

▲PAGE TOP

数筆の土地を1筆にまとめたい時

宅地などの地番が数筆になっているものを1個の地番にまとめます。

▲PAGE TOP

畑や山林などを造成して宅地などに変更した時

土地地目変更登記
現在の使用状態に合った地目に変更する登記の申請をします。

▲PAGE TOP

土地の面積が間違っている時

土地地積更正登記
登記簿に記載されている地積と実際の地積が違っている時に、測量をして登記簿の地積を正しく直す登記の申請をします。

▲PAGE TOP

新築した時

建物表題登記
建物を新築した時や、建売住宅を購入した時或いは昔からある建物を登記していなかった時などに法務局へ登記の申請をします。

▲PAGE TOP

増築した時

建物表題変更登記
建物を増築した時や、車庫などの付属建物を新築した時に登記の申請をします。

▲PAGE TOP

建物の取壊し等を行った時

建物滅失登記
登記されていた建物を全部取壊したり、焼失した時に登記の申請をします。

▲PAGE TOP

分譲マンション等区分所有を目的とする時

建物区分登記
1棟の建物を区分して数個の建物とする登記の申請をします。

▲PAGE TOP