土地家屋調査士とは

土地家屋調査士とは、不動産(土地・建物)の表示に関する調査および測量をし、不動産の表示に関する登記の代理申請手続きなどを行う、法務省認定の国家資格者です。

土地の境界について調査し、その範囲を明確にするための境界標を設置します。

土地を測量し、その位置、形状、面積を明確にする図面を作成します。

不動産(土地・建物)の表示に関する登記の代理申請を行います。

境界がはっきりしない時 → 境界確定測量

境界確定測量とは、土地の境界を明確にするために行われる測量です。

土地の境界を確定させるためには、測量作業に付随して、官公署や地元の町内等が保有する資料を調査し、また全ての隣接地所有者との境界立会いを行う必要があります。

こうして境界がはっきりした土地には、境界の目印となる境界標を設置し、当事者間だけでなく第三者からもその境界が分かるようにします。

つまり、土地という大切な財産をしっかり管理することが出来るようになるのです。

こんな時に境界確定測量

土地を売却したいが隣地との境界がはっきりしない。

お隣さんの主張する境界がどうも違うような気がする…。

▲PAGE TOP

敷地の形状や面積が知りたい時 → 現況測量

現況測量とは、対象となる土地の形状や周辺の道路、工作物(建物や境界標、ブロック塀など)を測量し、それを図面化する作業をいいます。

境界確定測量とは異なり、お隣との境界立会いをするわけではございませんので、費用を安く抑えることができ、日数も短くて済みます。

但し、あくまでも対象となる土地や周辺の状況を図面化したものであり、境界確認を行わないため、その敷地形状・面積についてはおおよその目安としてご理解頂く必要があります。

こんな時に現況測量

住宅の建築を予定しているので、その敷地のおおよその面積を把握したい。

土地の一部の売却を検討中なので、おおよその面積を把握したい。

▲PAGE TOP