建物表題部変更登記

既に登記された建物の状態に変更があった時に行う登記手続きです。

建物の状態に変更があった時とは、増改築などにより、その床面積が増減した時や、居宅の一部を改築し、店舗として利用するといった時、車庫を追加して建てた時などがこれに当てはまります。

軽微な床面積の変更であったとしても、金融機関等のローンを利用する場合にはこの登記手続きが求められます。

こんな時に建物表題部変更登記

住宅の増改築により床面積が増減した時

住宅の近くに車庫や物置などを建てた時

住宅の一部を店舗などに改築した時

倉庫だった建物を住宅に改築した時

料金・費用の目安メールでのお問い合わせ

▲PAGE TOP